ブログ

夏バテ| 吉祥寺 肩こり専門店

投稿日:11/01/2017 更新日:

 
夏の極端な暑さは体内に入り込み気を消耗させます。
日本の夏は高温多湿で湿邪も消化吸収に脾胃の機能を
低下させ気の不足を招く。
 
 
※脾胃とは漢方では脾胃(ひい)と言います。
脾は栄養素や水分を吸収、全身に運ぶ運化を
胃は飲食物の消化をそれぞれ受け持つと考えます。
 
 
夏バテは次の2つのタイプに大別され、
1つ目は梅雨時から体調が悪いタイプ。
 
 
胃腸が弱い方に多く湿邪が脾胃に取りつき、津液を
排出する機能が低下、不必要な水分が体内にたまります。
 
 
体調が悪く夏中ゴロゴロして過ごす。
食欲が低下し夏やせも このタイプです。
 
 
もう一つは夏の間は元気に活動して、
秋口にガクッと体調を崩すタイプ。
 
 
夏の暑さで気と陰液を消耗するのが原因。
陰液とは身体の熱を冷ます体液の事。
 
 
体内の熱さをさばけず体調を崩します。
自分がどのタイプかを自覚して防衛策をとり、
暑い夏もイキイキと元気に過ごします。
 
 
元気つけて肉類食べ過ぎると、
脾に負担かけて逆効果。消化の良い食事を心がけ
あずき、とうがん、すいか、はと麦、白菜、
 
 
とうもろこしなど余分な水分の排出を助ける
食材を利用します。梅雨から食欲が低下する方の
養生法は胃腸にとりつくと、
 
 
水分の排出が悪く体内に余分な津液が停滞する
ため身体がだるく疲れやすい。
 
 
汗をかきにくく口の中がねばっこくなり
足がむくむ事も。
 
 
冷たいものの取りすぎ→ 脾の機能低下→
体内の水分の停滞→ 水分が熱を吸収→
暑いので冷たい物が欲しくなる。
 
 
という悪循環に陥りやすく注意が必要です。
 
 
気や陰湿を補う作用あるうるち米、山いも、
しいたけ、じゃがいも、なつめ、豚肉や陰液を
 
 
補って熱を冷ます作用のあるすいか、
はちみつなどの食料を選びましょう。
 
 
秋に疲れが出る方の養生法は、毎年夏の終わり
から秋口に体調くずし、寝込んでしまう方は
 
 
夏の間の頑張りすぎが原因、皮膚が乾燥し、
手足がほてり、のどが渇きます。
 
 
また息切れや強い倦怠感があります。
夏の間元気な時こそしっかりと対処が重要、
 
 
身体に熱を溜め込まないように注意し
気と陰湿の消耗を防ぎましょう。
 
 
汗をかいたらこまめに水分を補給し、
栄養たっぷり取り元気をつける事が大切です。
 
 

吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂  

 
 

-ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

水 メリット| 吉祥寺 肩こり専門店

水( H2O )メリット 十分な量の水飲むことは私たち健康にとって必須。健康な暮らしを送るメリットも多く存在。どんな温度の水を飲むのかが実は重要です。冷えた水は体調を崩すなど健康上の不利益を生じること …

no image

腹筋| 吉祥寺 肩こり専門店

内臓脂肪とは 脂肪には大きく内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。 内臓脂肪は腹部の内臓周りにあり、皮下脂肪はお腹の皮膚下で つかめる脂肪です。 痩せてる方も内臓脂肪ゼロということはなく、誰でも少しは …

no image

水 飲み方| 吉祥寺 肩こり専門店

毎日水を飲んでいますか。 脱水症状は 知らないうちに水分不足になり のども渇いて脱水感覚がありません。 大切なのは のどが渇いたから飲むのではなく のどが渇く時にこまめに飲むこと。 お茶には利尿作用が …

no image

NHKドラマ どこにもない国

  『どこにもない国』       このドラマは患者様のご兄弟の方が翻訳して 出版に至り貴重な実話を基にした物語だそうです。     「丸山邦雄」役は …

no image

熊手| 吉祥寺 肩こり専門店

  熊手が何故、縁起物なのか? の理由のひとつに     鷲の爪の形状には運を鷲づかみにする と言う意味もあるそうな       玄関の入り …

予約バナー

予約, 問い合わせ

人気記事ランキング

お客様の声

ご利用者様の喜びの声

okyakusamanokoe/いつもたくさんのご来院頂きありがとうございます。当院に来られた方から喜びの声がどしどし寄せられています。
>>ご利用者様の喜びの声はこちら

適応症

肩こり,首こり,頭痛,顎関節症,首の痛み,寝違い,腰痛,五十肩,四十肩,猫背,側湾症,背中の痛み,ムチ打ち,腱鞘炎,シビレ,不眠,肘痛,膝痛,テニス・野球肘,ギックリ腰,腰椎すべり症,腰椎分離症,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,O脚,股関節痛,便秘,生理痛,生理不順,眼精疲労,めまい,むくみ,耳鳴り,肌荒れ
アクセス

吉祥寺本町【肩こり専門】整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※JR線: 吉祥寺駅: 7分
※JR線: 三鷹駅:10分
※井の頭線 : 吉祥寺駅: 7分
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~17:00

topページへ戻る