四十肩 / 五十肩

五十肩 基礎知識

投稿日:11/06/2012 更新日:

    五十肩の方でよく言われる

 突然痛みが出た。朝方に痛みで起きた。

     などとよくお聞きします。

 当院でも五十肩のお話をお聞きすると

日常的に肩関節を余り動かさない生活だったり、

    指先の細かい仕事をしている、

   お酒が好き、運動不足などが

      あげられてました。

   また五十肩の痛みでキツイのが

      肩の上部前面です。

    ここの痛みで朝に起きたと

おっしゃられていた方も多くいました。

       五十肩でなくても

  肩の前面上部痛で来院された方も

        多くいました。

        ここの痛みは

 直接揉んでも痛みは消えません。

当院では指先から肘、肩、背中、腰と

     くまなく緩めていきます。

  また日常的に再発・予防する事は

     お風呂から上がったら

肩を中心としたストレッチが良いと思います。

 動かして痛みがない場合に限ります。

-四十肩 / 五十肩
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

五十肩の予防

五十肩は痛い時も大変なのですが 五十肩の痛みがおさまってからも 肩をいつまでも動かさずいると   腱と周囲が癒着しやすくまります。 癒着が進むと関節の動きが悪く 回復に時間もかかってしまいま …

no image

大胸筋

大胸筋をしっかり伸ばします。猫背も改善。 胸の筋肉の柔軟性が姿勢の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。「背中が丸い」と感じている方は特に大胸筋を伸ばしましょう。 ●壁に両手をつきます。 真っ …

no image

回旋筋腱板 (ローテーターカフ)

ローテーターカフは 4つの筋肉の末端の腱により 形成される板状の腱の事で 「回旋筋腱板」とも言います。 「肩甲下筋」「小円筋」「棘上筋」「棘下筋」 肩関節の補強 及び肩関節の円滑な 動作の補助 この回 …

no image

広背筋

広背筋の神経支配: 胸背神経。 インシュリンを作り出している膵臓と関係があります。 糖尿病、高インシュリン症、低血糖など糖の代謝の異常では 広背筋が弱い反応を示す事があります。 広背筋が弱くなる方は、 …

no image

肩甲挙筋

肩甲骨を持ち上げる僧帽筋を補助また関節窩を下向きに回旋させ菱形筋を補助します。 頸と肩の痛みと凝りの部位は僧帽筋ですがその次は肩甲挙筋ではないでしょうか。 重い荷物を背中に担いだ時に最も負担のかかる筋 …

予約バナー

予約, 問い合わせ

人気記事ランキング

表示数

よくある症状9+ブログtitle

よくある症状9+ブログ

お客様の声

ご利用者様の喜びの声

いつもたくさんのご来院頂きありがとうございます。当院に来られた方から喜びの声がどしどし寄せられています。
>>ご利用者様の喜びの声はこちら

適応症

肩こり,首こり,頭痛,顎関節症,首の痛み,寝違い,腰痛,五十肩,四十肩,猫背,側湾症,背中の痛み,ムチ打ち,腱鞘炎,シビレ,不眠,肘痛,膝痛,テニス・野球肘,ギックリ腰,腰椎すべり症,腰椎分離症,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,O脚,股関節痛,便秘,生理痛,生理不順,眼精疲労,めまい,むくみ,耳鳴り,肌荒れ
アクセス

吉祥寺本町【肩こり専門】整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※JR線:吉祥寺駅:7分
※JR線:三鷹駅:10分
※井の頭線:吉祥寺駅:7分
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~17:00