僧帽筋(中部・下部) | 吉祥寺 肩こり専門店

 
機能
この筋肉は、
肩甲骨を内側へ引き寄せておく
筋肉のひとつであり、肩甲骨を
ひねる、動作する筋肉のひとつ
でもあります。

 
 
症状
肩や腕の問題に関わる可能性があります。
脾臓と関係があり、感染症の時や喉が痛い時、
貧血の時や発熱時には、調整しておく事が重要。

 
僧帽筋が慢性的に弱いと、大胸筋が緊張したり、
一番下の肋骨と同じ高さにある、
背中の第十二胸椎(T12・L1)に問題が起こる場合
があります。自由に腕を振って歩くと解放される
事もありカイロプラクティックの矯正が必要な場合も。

 
 
関連する筋肉
前鋸筋・菱形筋・大胸筋鎖骨部 

 
 
僧帽筋(中部・下部)活性化のために

 
神経リンパポイント
前面:左側。第七,第八肋骨間、軟骨近く胸骨下同じ高
後面:第七,第八胸椎間正中線2~3cm左側。
肩甲骨一番下同じ高さ

 
神経血管ポイント
幼児、頭の後ろ柔らか部分、後部の泉門1~15cm上の所

 
脾経の経絡
足の親指から脚の内側上がり,腹の前面通り胸脇へ至る

 
栄養補給
ビタミンC(柑橘類・ピーマン・そば)風邪や感染症時は
レモン半分絞り果汁水で薄めコップ一杯分(約240cc)を
2~3時間おきに飲みながら24時間の絶食をする。

 
僧帽筋(中部・下部)を使うスポーツ
テニス、バドミントン、アーチェリー、バッティング、
平泳ぎの腕の動作、ボールをパスする動作。
 
 

吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

 
 

投稿日:12/07/2017 更新日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

予約バナー

予約, 問い合わせ

人気記事ランキング

お客様の声

ご利用者様の喜びの声

okyakusamanokoe/いつもたくさんのご来院頂きありがとうございます。当院に来られた方から喜びの声がどしどし寄せられています。
>>ご利用者様の喜びの声はこちら

適応症

肩こり,首こり,頭痛,顎関節症,首の痛み,寝違い,腰痛,五十肩,四十肩,猫背,側湾症,背中の痛み,ムチ打ち,腱鞘炎,シビレ,不眠,肘痛,膝痛,テニス・野球肘,ギックリ腰,腰椎すべり症,腰椎分離症,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,O脚,股関節痛,便秘,生理痛,生理不順,眼精疲労,めまい,むくみ,耳鳴り,肌荒れ
アクセス

吉祥寺本町【肩こり専門】整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※JR線: 吉祥寺駅: 7分
※JR線: 三鷹駅:10分
※井の頭線 : 吉祥寺駅: 7分
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~17:00

topページへ戻る