多裂筋・回旋筋

多裂筋・回旋筋| 吉祥寺 肩こり専門店

投稿日:11/03/2017 更新日:

 
多裂筋・回旋筋は深層筋で椎間に位置する
小さな筋肉であり脊柱全体から起こります。
 
 
動筋として働くより抑制筋として働く事が
多いといえます。
 
 

脊柱が大きな筋肉で曲げられるような時、
個々の脊柱が屈曲しすぎたり
 
 
回旋しすぎたりしないように両筋肉は
働いています。
 
 
頸部の回旋筋はあまり顕著ではなく全ての人々に
存在しているとは限りません。
 
 
重症な肩こり、腰痛、背部痛での多裂筋・回旋筋
は重要といえます。
 
 
多裂筋が2~4個の椎骨を飛び越えに対し回旋筋は
1~2個の椎骨を飛び越えます。
 
 
作用として
解剖学上は伸筋、側方屈曲、脊柱の回旋筋と
みなされているが、これらの筋肉としての機能は、
 
 
より強大な筋肉によって支配されている。
多裂筋や回旋筋は、それぞれの場所で微調整に
関与しているに過ぎません。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂  
 
 

-多裂筋・回旋筋
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

予約バナー

予約, 問い合わせ

人気記事ランキング

お客様の声

ご利用者様の喜びの声

okyakusamanokoe/いつもたくさんのご来院頂きありがとうございます。当院に来られた方から喜びの声がどしどし寄せられています。
>>ご利用者様の喜びの声はこちら

適応症

肩こり,首こり,頭痛,顎関節症,首の痛み,寝違い,腰痛,五十肩,四十肩,猫背,側湾症,背中の痛み,ムチ打ち,腱鞘炎,シビレ,不眠,肘痛,膝痛,テニス・野球肘,ギックリ腰,腰椎すべり症,腰椎分離症,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,O脚,股関節痛,便秘,生理痛,生理不順,眼精疲労,めまい,むくみ,耳鳴り,肌荒れ
アクセス

吉祥寺本町【肩こり専門】整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※JR線: 吉祥寺駅: 7分
※JR線: 三鷹駅:10分
※井の頭線 : 吉祥寺駅: 7分
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~17:00

topページへ戻る