腰痛

腰痛

投稿日:08/07/2014 更新日:

昨今、仕事も楽になり昔は身体を使って処理してましたが、
現在では移動の必要も減りデスクワークの人たちは、
ますます椅子にクギ付けにされています。

仕事の効率化はよい事ですが心配なのは腰痛です。
よい姿勢を保てても長時間同じ姿勢自体が腰痛の原因に。

 
緊張が続く筋肉は毛細血管の圧迫、血液循環が悪く、
エネルギーの消費後に生じる乳酸の老廃物が溜まります。

腰痛を防ぐには、仕事の合間に席を立ったり座ったりして姿勢を変えるなど
背部や腰の筋肉の緊張を和らげてる事が必要です。

椅子に座ったまま行う、背中や腰の筋肉を伸ばす簡単なストレッチですが、
腰痛の予防や解消に大いに役立ちます。

椅子の背もたれを利用し身体をそらせます。
そった姿勢で15秒ほど静止し、元の姿勢に戻る。これを2~3回繰り返す。
次に、椅子から腰を離さず身体を前に曲げ、手を床につけます。

足首をつかみこの姿勢で15秒ほど静止しこれを2~3回繰り返す。
足を組み、身体を左右にひねります。
左足を上に組み、身体を右方向に2~3回ひねり足を組み替え反対方向に2~3回ひねります。

 
①椅子の背もたれに両手を回して軽く組み、身体をグーッとそらせる。
そった姿勢で15秒静止し元の姿勢に戻る。
これを2~3回繰り返す。そりながら顔は上方を見上げるようにするのがコツ。

 
②身体を腰から2つに折り曲げ手を床につける。この姿勢で15秒静止し元の姿勢に戻る。
これを2~3回繰り返します。手は足首をつかんでもよい。

-腰痛
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

仰向け寝 片膝抱え

  簡単 腰ストレッチ マットの上で仰向けになり膝を抱えて胸に近づける。 腰だけでなく 腹部 太ももの裏側もしっかりと伸ばす事ができます。 視線は真上に 向けたまま抱えた膝を胸に 引き寄せる。両脇は締 …

no image

腰痛予防に 腰の持ち上げ

腰痛予防に 腰の持ち上げ 1 両足を肩幅に開いて 仰向けに寝る。 2 両膝が胸に付く様に抱える。 3 腰高く上げ 両足頭持ち 両手腰後ろ添え。 4 両足つま先を床に付け首~腰を伸ばす。 5 ①の ポー …

no image

坐骨神経痛

予防/改善に する事とは?! 坐骨神経痛とは 病名ではなく症状を表す 言葉です。 お尻から足の後ろ痛/シビレ麻痺の事を「坐骨神経痛」といいます。 坐骨神経の圧迫や痛みを総称して「坐骨神経痛」と呼んでい …

no image

背中をひねる

① 仰向けに寝て 脚を持ち上げ 腰ひねり 脚を倒す 肩は使に付け 腕は大きく開く。 ② 伸ばした手の指先を見て顔を向ける 背筋が伸び ねじれを意識 反対側も同様。 効果    :背骨の歪みをとる。   …

no image

脚を 手で持つ

肩甲骨ストレッチ   床に腰を下ろし 足先を手で持ち 肩甲骨まわりの筋肉を伸ばし 膝をしっかりと伸ばして行います   ポイント 肩甲骨を様々な方向に動かす 左手で左脚の先を持つ 2 …

予約バナー

予約, 問い合わせ

人気記事ランキング

表示数

よくある症状9+ブログtitle

よくある症状9+ブログ

お客様の声

ご利用者様の喜びの声

いつもたくさんのご来院頂きありがとうございます。当院に来られた方から喜びの声がどしどし寄せられています。
>>ご利用者様の喜びの声はこちら

適応症

肩こり,首こり,頭痛,顎関節症,首の痛み,寝違い,腰痛,五十肩,四十肩,猫背,側湾症,背中の痛み,ムチ打ち,腱鞘炎,シビレ,不眠,肘痛,膝痛,テニス・野球肘,ギックリ腰,腰椎すべり症,腰椎分離症,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,O脚,股関節痛,便秘,生理痛,生理不順,眼精疲労,めまい,むくみ,耳鳴り,肌荒れ
アクセス

吉祥寺本町【肩こり専門】整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※JR線:吉祥寺駅:7分
※JR線:三鷹駅:10分
※井の頭線:吉祥寺駅:7分
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~17:00