ぎっくり腰 予防効果

ゴルフでぎっくり腰と聞くとフルスイングして
腰をギクッっとひねったイメージをしますが

実はゴルフでぎっくり腰を起こすのは
軽く打った時が多いのです

強く打つ時は腹筋に力を込めるため
腹圧の上昇で腰を守ります

軽いショットは腹圧が十分に高まらず
圧力が腰椎に加わりやすいのです

ぎっくり腰を防ぐにはどのショットでも
意識し下腹部に力を込めて打つ事が大切です

もう一つのおススメが 逆方向スイング
右利きの方はクラブを右に振り上げる動作を繰り返しますが
これは腰椎の左右に違う圧力が加わります

そこで左利きのスイングも同じ回数だけ行い
準備運動で逆方向スイングをしてぎっくり腰を防ぎます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。