姿勢

膝裏 伸ばし

投稿日:11/15/2015 更新日:

膝裏が硬いだけでも腰痛になりやすく座った姿勢で膝裏を伸ばします。
姿勢は胸と膝は密着させて お尻の位置を後ろに移動します。
お尻を徐々に後方へ移動させます 胸と膝は離さずに膝の後ろ伸びが感じられます。
上体を倒して頭部は膝下近くで膝の裏側が伸びます。

-姿勢
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

仰向け寝で 膝押さえ

腰ストレッチ。 仰向けに寝て 片膝を抱えた状態の姿勢で膝を右側に倒し 左手は床に沿わせしっかり腰伸ばす。 右手で膝を 押さえ充分に腰を伸ばす事で視線は床に沿わせ 伸ばした左手に向ける 20秒静止。 左 …

no image

仰向け寝で 足組む

腰ストレッチ   更に腰を大きくひねっていく 反動をつけて膝をパタパタと動かす事で 腰 体幹部の柔軟性を増幅させていきます   マットに仰向けに寝て 両腕を左右に広げる &nbsp …

no image

腹部ストレッチ

  うつ伏せになるの姿勢から 右膝を曲げて右手をつく位置も変えます   身体を横向きにする事で 腹部の斜め部分を伸ばす事ができる 20秒静止。左右ともにやります   伸ば …

no image

太もも 前面を伸ばす

  太ももの前面を伸ばします。 股関節から膝にかけ大腿四頭筋中心にストレッチします。 右脚を折りたたみ左膝で支える。手は身体の後ろにつく。 右太ももの前面が伸びる。左右逆もやります。 左の姿 …

no image

姿勢を変える

年を重ねると背筋が丸く 腰も曲がる傾向があります 年齢を重ねて 腰が曲がったというより 年齢を重ねる中で 身体を筋肉を硬化させてしまい 腰が曲がることはあります 正しい姿勢を保ててる時期に ストレッチ …

適応症

肩こり、頭痛、顎関節症、肩こり、首の痛み、寝違い、腰痛、五十肩、四十肩、猫背、側湾症、背中の痛み、ムチ打ち、腱鞘炎、手先のシビレ、顔のむくみ、肘痛、膝痛、テニス・野球肘、ギックリ腰、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア、O脚、股関節痛、便秘、生理痛、生理不順、精神疲労、めまい、不眠、腰椎分離症、腰椎すべり症、耳鳴り、肌荒れ、顔のたるみ
【吉祥寺】専門整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし
〒180-0002
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※井の頭線:吉祥寺駅徒歩7分
※JR線:三鷹駅:10分 
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~19:00

QRcode