壁の足上げ ぎっくり腰 予防

壁の足上げで ぎっくり腰 予防
悪い腰とは
上半身と下半身のアンバランスや
いつも時間に追われて 呼吸が浅くなる事が
原因とされています

少し歩いて 下半身を動かしたり
両手落し動作や 両肩を上に上げストンと下へ落とす
動作を行います

壁の足上げ動作で
腰の付け根にある腰椎5番という骨を伸ばすと
呼吸が深くなり疲れが取れます

ぎっくり腰にも効果があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。