広背筋

機能
広背筋は肩を下げる動作をします。
また、背中を真っ直ぐに保つ動作を補助します。
また、腕を力強く動かす時に使います。
 
 
症状
インシュリンを作り出している膵臓と関係があるので、相手が糖尿病や高インシュリン症
(インシュリンの分泌過剰)低血糖(血液中の糖の濃度が低い)などの糖の代謝の異常が
ある場合は、広背筋が弱い反応を示す事があります。
広背筋が弱くなっている方は、肩が上に上がってしまっていることがあります。
この筋肉がよわくなっていることはよくあることですが、アレルギーや砂糖、カフェイン
たばこに対する過敏症があることを示している場合もよくあります。
 
 
関連する筋肉
僧帽筋 上腕三頭筋 縫工筋 薄筋 大腿筋鎖骨部
 
 
腕橈骨筋活性化のために
 
神経リンパポイント
前面:第七と第八肋骨の間で、軟骨に近い所。大抵は左側です。陥没している方もいます。
後面:第七と第八胸椎の間で、正中線から2~3センチ左右に離れた所。
 
 
神経血管ポイント
頭頂部の耳の後ろのすぐ上。
 
 
胃経の経絡
足の親指から脚の内側を上がり、腹の前面を通って胸から脇へと至る。
 
 
首の筋肉を使うスポーツ
ロープクライミング、カヌー、ボートでオールを漕ぐ、バッティング、クロール・平泳ぎ
・バタフライの腕の動作、ゴルフのスイング、棒高跳び。
 
 

投稿日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

予約バナー

予約,
問い合わせ

人気記事ランキング

表示数

よくある症状9+ブログtitle

よくある症状9+ブログ

お客様の声

ご利用者様の喜びの声

いつもたくさんのご来院頂きありがとうございます。当院に来られた方から喜びの声がどしどし寄せられています。
>>ご利用者様の喜びの声はこちら

適応症

肩こり,首こり,頭痛,顎関節症,首の痛み,寝違い,腰痛,五十肩,四十肩,猫背,側湾症,背中の痛み,ムチ打ち,腱鞘炎,シビレ,不眠,肘痛,膝痛,テニス・野球肘,ギックリ腰,腰椎すべり症,腰椎分離症,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,O脚,股関節痛,便秘,生理痛,生理不順,眼精疲労,めまい,むくみ,耳鳴り,肌荒れ
アクセス

吉祥寺本町【肩こり専門】整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※JR線:吉祥寺駅:7分
※JR線:三鷹駅:10分
※井の頭線:吉祥寺駅:7分
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~17:00