腹部 腰部について

腹部と腰部を含む部分は骨格による保護と支持の欠如があり弱い領域。その上の体幹と脊柱は
安定し内部器官は胸郭により保護されてます。その下の骨盤も安定し器官を保護。

中間は柔軟性と可動性が要求され支持や保護がほぼないスペースが必要。この部分の筋肉は
多くの機能を担い 緊張や損傷を受けやすい。
主要な作用は下半身に対する上半身の運動(その反対)で前屈 側屈 体幹の回旋。

これらのトリガーポイントは上は背部と胸部 内側は内臓 下は臀部 下腹部 鼠蹊部 生殖器
下肢など広範な領域に及ぶ。
腰部は脊柱起立筋と広背筋の胸腰筋膜と腱部分を含む厚くて強靭な腱及び筋膜の層が特徴。
結合組織は 緊張 うっ血 痛みを起こす事で 筋肉と共に施術する必要あり。
腹筋や腰筋 主に腰痛に関連する筋肉群を形成。他に臀筋 骨盤低筋 腸骨筋があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。