ブログ

ひざ痛予防 2

投稿日:10/10/2014 更新日:

ひざ下のキックで柔軟性をアップ

脚をけるように伸ばす

効果 :膝の柔軟性がアップして痛みを防ぐ。
    ももが鍛えられて、膝にかかる負担が軽くなる。
    ももとお腹が引き締められ、スリムになる。

1 脚を前に投げ出して座る。
2 片脚を持ち上げて、膝を曲げる。
3 曲げた膝から下の部分を真っ直ぐに伸ばす。膝下部分でゆっくり踏み込んで
 ゆくような要領で。反対側の脚も同様に、左右10回ずつ、1~2セット行う。

-ブログ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【腰のストレッチ】自宅で素人でも簡単に出来る方法

【腰ストレッチ】自宅で出来る

脚/腰を伸ばし 腰ひねる 1 力を抜いて仰向けに寝る 2 片方膝抱え大腿胸に引き脚 床離れずに 3 片膝 外側曲げ 足首掴み 大腿前伸ばす 4膝内側曲げ 反対脚曲足甲のせ 股関節伸 5 片膝を曲げ 脚 …

疲労,改善

【整体師が教える】疲労 改善

日々の疲労で お悩みのあなたへ 疲労とは 肉体的疲労 精神的疲労 神経的疲労の 3つに 大きく分けることができます。   姿勢/軽い運動 悪い姿勢は筋肉の負担で疲労となります 散歩もOK。   休養/ …

no image

熊手

熊手が何故、縁起物なのか? の理由のひとつに 鷲の爪の形状には 運を鷲づかみにする と言う意味もあるそうな 玄関の入り口に向けて飾りました。 Related posts: No related pos …

no image

ブルーインパルス

離れた場所からの画像で     米粒みたいですが     人間が操作してると思うと 感動します   Related posts: No related …

no image

足のむくみ

ふくらはぎの下を伸ばす。 片膝を立てた姿勢で自分の体重を使います。 片脚は正座のようにたたみもう一方の脚は膝を立てます。 かかとは多少浮いてもOK。 立てた膝の上に両手を置いて体重をかけてもいいです。 …

適応症

肩こり、頭痛、顎関節症、肩こり、首の痛み、寝違い、腰痛、五十肩、四十肩、猫背、側湾症、背中の痛み、ムチ打ち、腱鞘炎、手先のシビレ、顔のむくみ、肘痛、膝痛、テニス・野球肘、ギックリ腰、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア、O脚、股関節痛、便秘、生理痛、生理不順、精神疲労、めまい、不眠、腰椎分離症、腰椎すべり症、耳鳴り、肌荒れ、顔のたるみ
【吉祥寺】専門整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし
〒180-0002
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※井の頭線:吉祥寺駅徒歩7分
※JR線:三鷹駅:10分 
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~19:00

QRcode