ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰 予防と改善

投稿日:04/15/2014 更新日:

 
腰痛やぎっくり腰の予防や改善には
日常生活での正しい姿勢をとる事が基本です
 
家庭や職場でいかに腰に負担をかけないようにするかが
重要なポイントとなります

 
【腰に負担をかけない正しい立ち方】
立った時の正しい姿勢は真横から見た場合
耳・肩・股関節・ひざ・くるぶしを結んだ線が
直線で腰のカーブが適度にあることが理想です
 
・あごを引く
・背筋を伸ばす
・胸を反らせない
・下腹に力を入れる
・肛門を引きしめる
 
特に耳の後ろから足のくるぶしまでが
地面から垂直に一直線になるようにします
 
他の人に見てもらったり 全身を鏡に映したりして
姿勢や体型のチェックをします

 
【座る時の姿勢】
背もたれに背中をつけて座った時
ひざが股関節よりもやや高くなるような
座り方が理想的です
 
・腰がほぼ直角に曲がる
・ひざがほぼ直角に曲がる
・椅子は高すぎても低すぎてもいけません
・足の裏全体が床につく
 
《長時間椅子に座っている場合》
時々ひざを組んだり 足の位置を前後に変えましょう
座ったまま30分が過ぎたら 一度腰の緊張をほぐして
椅子から離れて歩いたり 背筋を伸ばします
 
《椅子が高い場合》
背もたれに背中をつけると 足が浮いてしまう場合は
足の下に台を置きます
 
《正座やあぐらの場合》
お尻を高くすると腰への負担が少なくなります
少し固めの布団が良いです
 
畳や床の上に 薄めの布団を一枚敷く程度が
適当な固さといえます
 
お尻が沈み込むような 柔らか過ぎるものは×
横向きの場合はひざや腰を曲げると良いです
 
うつ伏せは腰を反らせるため 腰痛には注意!
腰の下に枕や毛布を入れると良いでしょう
※腰に痛みがある場合には
 
えびのように背中と腰を丸めて
横向きに寝ると 痛みが和らぎます。

-ぎっくり腰
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ぎっくり腰画像

【整体師が教える】ぎっくり腰編

ぎっくり腰で お悩みの方へ ぎっくり腰は 洗顔しようとした時や 物を持つ瞬間 で起こす事もあります   筋膜の筋肉性や椎間板ヘルニア 仙腸関節の損傷(捻挫)のケースも。   年末か …

no image

壁の足上げ ぎっくり腰 予防

壁の足上げで ぎっくり腰 予防 悪い腰とは 上半身と下半身のアンバランスや いつも時間に追われて 呼吸が浅くなる事が 原因とされています   少し歩いて 下半身を動かしたり 両手落し動作や …

no image

ぎっくり腰 効く

疲れやすい腰は 上半身と下半身の身体の使い方の バランスが悪い事や いつも時間に追われていて 呼吸が浅くなっている事もあります   少し歩いて下半身を動かしたり 肩をストンと動かします &n …

no image

日常生活 動作に注意

ぎっくり腰は安静にしていれば やがて痛みがおさまります   怖いのはぎっくり腰を繰り返す内に 椎間板ヘルニアを起こす事です 日常のどんなささいな動作にも意識して膝を使う事です   …

no image

湯船で正座,足腰も腰痛予防

ぎっくり腰の急性期を除けば、お風呂は腰痛解消によい習慣です。 浮力で足腰にたまった疲労物質を洗い流してくれます。 ゆっくり浸かい身体が温まったら湯船の中で正座します。 正座をしている時の背骨の湾曲は、 …

予約バナー

予約,
問い合わせ

人気記事ランキング

表示数

よくある症状9+ブログtitle

よくある症状9+ブログ

お客様の声

ご利用者様の喜びの声

いつもたくさんのご来院頂きありがとうございます。当院に来られた方から喜びの声がどしどし寄せられています。
>>ご利用者様の喜びの声はこちら

適応症

肩こり,首こり,頭痛,顎関節症,首の痛み,寝違い,腰痛,五十肩,四十肩,猫背,側湾症,背中の痛み,ムチ打ち,腱鞘炎,シビレ,不眠,肘痛,膝痛,テニス・野球肘,ギックリ腰,腰椎すべり症,腰椎分離症,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,O脚,股関節痛,便秘,生理痛,生理不順,眼精疲労,めまい,むくみ,耳鳴り,肌荒れ
アクセス

吉祥寺本町【肩こり専門】整体室 肩こり堂
代表:清水 あつし

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町 3-2-4メゾン山田105
※JR線:吉祥寺駅:7分
※JR線:三鷹駅:10分
※井の頭線:吉祥寺駅:7分
☎:0422-23-4361
※営業時間:不定休10:00~17:00