坐骨神経痛

予防/改善に する事とは?!
坐骨神経痛とは 病名ではなく症状を表す 言葉です。
お尻から足の後ろ痛/シビレ麻痺の事を「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経の圧迫や痛みを総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。
腰痛に引き続き 足の痛み/シビレ以外に麻痺 痛みの歩行障害もあります。

原因疾患の主には腰部柱管狭窄 腰椎椎間板ヘルニア
帯状疱疹など ウィルス感染症も原因に。

腰部脊柱管狭窄50代過ぎの 中高年者に多く脊柱管の老化。
骨粗しょう症など原因で狭く神経根 圧迫で痛み/シビレなど症状が起こる疾患です。

腰椎椎間板ヘルニア 脊椎を構成している椎体と椎体の間のクッションの役割の

椎間板中の髄核部分が脊柱管側せり出し結果 脊柱管の中を通る馬美/神経根が
圧迫し/痛み/シビレが起こる疾患です。

坐骨神経は腰から骨盤 お尻を通り足の指先に伸びた末梢神経でペン軸の太さで最も太い神経。
長い神経で末梢まで長さ1m以上。坐骨神経は 太ももと足の筋肉に集中した神経で
脳から運動指令を伝え歩く 身体のバランスを取る働きなど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。