日常生活 注意|吉祥寺 肩こり専門

 
ぎっくり腰は安静にしていれば
痛みがおさまります。
 
怖いのはぎっくり腰を繰り返す内に
椎間板ヘルニアです。
 
日常ささいな動作も意識し膝を使う
 
ぎっくり腰は朝、顔を洗おうとして
洗面台に前かがみになっただけで
起こる事があります。
 
腰椎の椎間板は真っ直ぐ立つだけで、
100kgの圧力で20度おじぎで腰椎は
 
上体支えるテコの支点となり
加わる圧力は150kgにも上昇します。
 
同じ洗顔動作も膝軽く屈曲し、
椎間板圧力の上昇は軽い。
 
床に落ちている物を拾う場合も、
膝が伸びた状態ではなく必ず片膝を
ついて拾って立ち上がるようにします。
 

肩こりになりやすい体型

 
・肥満
体重増加で頭部、首や肩の筋肉負担も肩こり影響。
・猫背
肩や背中の緊張で疲労、血行不良で肩こりの影響。
・なで肩
首 肩の筋肉量減少も筋肉負担で疲労肩こり 影響
 

運動

 
歩行は腰の負担少なく筋肉を鍛えることで、
腰痛予防に効果的。
 
水泳はクロールも有効ですが、
水中歩行が効果的。(平泳ぎNG)
 
ゴルフ(腰ひねる)テニス(サーブ時大きく屈伸)
は腰痛注意。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂  
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました