こり15分 首休め|吉祥寺

酷使した首 こまめな休息与える。

 
筋肉の緊張を定期的に緩める。
コリ予防策は、適度に筋肉を休める事。
同じ筋肉を長時間使い続け酸素と栄養が
 
 
行き届かなく疲労物質(乳酸)が溜まり、
こりをつくり出す。筋肉の緊張を定期的に緩め
こりは発生しません。
 
 
首こりの場合、首の後ろ側にこりが現れ、
ノート型の操作で前かがみ姿勢を続け
首の後ろ側が重い頭を支え緊張状態に。
 
 
首を後ろに反らせる。
頭はLサイズのスイカ一つ分の重さ。
スイカを二本の腕を伸ばし支え続けると
 
 
直ぐ腕が疲れます。前かがみの首の後ろ側は
この状態を長時間続け 30秒程度 首を後ろ反らし、
 
 
首の後ろ側を緊張状態に解放。手を首の後ろ当て
頭の重さを支え 首こりリスクを大幅に減らす事も。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました