よい姿勢 常に保つ|吉祥寺

 
頭の重さを優しく受け止める。
 
 

頭を真下から支えるようにする

 
姿勢を良く意識します。
首がこりにくくなります。
 
 
首はLサイズのスイカと同じ重さの
頭部を常に支えます。
 
 
腕を前に突き出し重いボール持つ、
腕を真上に上げ持つ方が楽に持てる。
 
 
首も同じ頭を真下から支える方が、
筋肉への負担が最も少ない。
 
 
うつむき姿勢は、真っ直ぐ姿勢の
約3倍の負担が首にかかり、首こり、
肩こりの原因に。
 
 
首と背中の骨は、重い頭を優しく
支える為湾曲してクッションの役割も
果たしている事を覚えておきましょう。
 
 
重いボールを一本の棒で支え、
首で頭を支えるようにします。
 
 
コツは リラックスして背筋と
首筋を伸ばすようにする事。
 
 

片側だけでカバンを持たない

 
バッグを同じ側の肩にかける人、
カバンを同じ側の手で持つ習慣の人も要注意。
 
 
片方の肩だけ下がり、首が不自然に曲がり、
頭を真下から支える事ができません。
 
 
15分に1回 違う方の肩や手に
カバンを掛け替えたり持ち替えたりしましょう。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました