カラーコンタクト 目に悪い?|吉祥寺

 
カラーコンタクトレンズご存知でしょうか?
色のついたコンタクトレンズです。
 
 
色は黒や茶色の人間の瞳の色に近いだけでなく
色や黄色の原色やリング状やサッカーボールの
形のデザインまで様々販売されてます。
 
 
中にカラーコンタクトレンズで目の障害も多く
問題もあります。
 
 
カラーコンタクトレンズは構造と安全性で
大きく2つに別けられます。
 
 
ひとつは色彩が目に直接つながらないよう
「レンズ-色彩-レンズ」と色彩をレンズで
サンドイッチ状に挟み込んだものです。
 
 
もうひとつのコンタクトレンズの表面や
裏側に直接色素をつけて作られており、
 
 
前者に比べて目に障害がおこりやすいと
予想されます。
 
 
普及しているカラーコンタクトレンズは
多くの人が眼科の処方でなく、
 
 
インターネット通販や雑貨店から
購入しています。
 
 
後者のカラーコンタクトレンズを
使用の方は目の障害が原因と考えられます。
 
 
カラーコンタクトレンズの目の障害は、
黒目が障害され「点状表層角膜症」が、
 
 
最も多く他に「角膜浸潤」や「角膜漬傷」
などが報告されています。
 
 
コンタクトレンズは適切に使用しなければ、
失明の障害を引き起こしてしまいます。
 
 
カラーコンタクトレンズを含め
コンタクトレンズは薬事法で規制の
高度医療機器です。
 
 
眼科医の診察を受けて購入する事が、
何よりもいちばんです。
 
 
すべてのコンタクトレンズユーザーに
当てはまりますが、使用方法や期間を
守り定期検査を必ず受ける事が大切。
 
 
少しでも異常を感じたら直ぐに眼科医の
診察を受けて欲しいと思います。
 
 

吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました