ストレッチ運動 前後|吉祥寺

 
 
スポーツ前のストレッチは運動能力が落ち
怪我のリスクも高まるという。
 
 
すでに10年前からストレッチは
パフォーマンスを低下させ怪我負う
 
 
リスクを増大させる危険な行為で
あるという。
 
 
調査・研究報告が海外で次々と発表され、
しっかり勉強された
 
 
トレーナーやスポーツ指導者の間で
話題となりました。
 
 
「ストレッチで筋力、瞬発力が低下」
理由は 一定時間同じ体勢で静止、
体伸ばすスタティック(静的)ストレッチ
 
 
調査したクロアチアのザグレブ大学研究
チームは45秒以上同じ箇所を伸ばさず警告。
 
 
「柔軟性が高い方が怪我しにくい」は
医学的根拠がありません。
 
 
運動前ストレッチでジャンプ力の低下、
全速力で走るタイムの低下。
 
 
関節周辺の筋肉や腱が緩む事でケガも
起きやすく
 
 
過剰なストレッチは腱の弾力性を損ない、
関節の負荷和らげ役割を失わせます。
 
 
部分的に強い伸展ストレッチは関節の
可動域低下で身体のパフォーマンス
低下を認識する事が大切。
 
 

正しいストレッチとは

 
 
運動前は同姿勢でじっくり伸ばす
ストレッチは避け その場は軽く行い
身体を動かしウォーミングアップを推奨。
 
 
パフォーマンスを上げるには、長時間やる
より短い時間の方が有効であると考えます。
 
 
ストレッチは運動後で筋肉の回復、
筋肉痛予防が良く風呂上がりや
就寝前で柔軟性の向上、
 
 
リラクゼーション効果など上手に
生活の中に取り入れたいもの。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました