トリガーポイント|吉祥寺 肩こり専門

1983年にTravell博士(故ケネディー大統領 主治医)と
Simons博士により筋膜痛と機能障害-トリガーポイント
・マニュアル
という書籍で発表されました。

筋や筋膜に生じる、しこり(トリガーポイント
が痛み始め、様々症状を引き起こすという事。

 
症状は
筋筋膜性疼痛症候群(myofascial pain syndrome:MPS)と
名付けられました。
トリガーとは、特徴は押した箇所と違う場所に痛みの関連痛
が発生。肩こりで背中に痛み出た痛みが関連痛。

 
① 刺激で関連痛が生じるもの。(活動性トリガーポイント)
② 発痛部位から痛む原因の箇所。(潜在性トリガーポイント)

 
慢性肩こりも、トリガーポイント療法と整体で効果も期待
できますが慢性肩こりは生活習慣が原因で症状も元に戻り、
生活習慣を正すことで、より改善効果も期待できます。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました