トリガーポイント 痛み|吉祥寺

 
痛みの7割は痛い箇所と原因である
箇所は違います。
 
筋肉の場合、痛み原因箇所(トリガーポイント)
と実際痛む箇所が違うことがあります。
 
当院は肩こり専門店ですが
肩こりでお悩みの方の痛む箇所は触れず
 
たとえ痛む箇所を揉んでも
肩こりは解決なりません。
 
トリガーポイントは押すと痛む
圧痛点(硬結)があり この硬結を
圧迫すると別の箇所に痛み出ます。
 
これを放置しても血行が滞り
改善傾向は難しく筋肉の中で
 
硬結が出来る箇所と、
できにくい箇所があり
 
多くの筋肉はその両端に腱があり、
硬結は筋肉の中央箇所もできるが、
 
腱から末端にもでき
トリガーポイントは筋肉の末端から
探りつつ硬結を見つけていきます。
 
痛む箇所に原因がないのは
脳は痛む箇所を誤認するとのこと。
(脳に入る様々な情報処理を誤認)
 
皮膚には痛むセンサーが敏感だが、
筋肉には少なく肩や腰の痛みも
 
人間が直立し二足歩行を始めた時から
宿命を背負ってきたというべきなのか、
 
人の骨格や筋肉は上肢と
下肢を支える肩、腰はここの痛みを
 
感じる部位と認識して痛む箇所とも
考えられます。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂
 
 

タイトルとURLをコピーしました