水 飲み方| 吉祥寺 肩こり専門

毎日水を飲んでいますか。
脱水症状は 知らないうちに水分不足になり
のども渇いて脱水感覚がありません。

大切なのは のどが渇いたから飲むのではなく
のどが渇く時にこまめに飲むこと。

お茶には利尿作用があり 口の中は潤っても
体内の脱水進行してしまいます。

これをミネラルウォーターに変えるだけでも
水の損失量が減らせます。さらにいいのは
硬水のミネラルウォーターです。

こまめに飲むことで身体に吸収されやすく
硬水に含まれるミネラル類が細胞に届けられます。

日常で飲む 1.5~2ℓの水の場合
効率よくミネラルを摂るためには硬度の高いものを選びます。

飲みすぎも不足もダメ。
ガブ飲みする方がいますが、これは体に良い食べ物でも
たくさん摂ればいいという訳ではないことは
ご存知だと思いますが水も同じ。

500mℓのペットボトルなら最低でも3回程度に分け飲みます。
冷水も胃腸を中心に身体を冷やしてしまうため
内蔵機能が落ち、自律神経のバランスが崩れます。

食欲不振や疲労感を伴う夏バテの症状は冷水にも原因があります。
エアコンなど体温調整機能が落ちている時は常温の水を飲みます。

 
>>吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂
 
 

タイトルとURLをコピーしました