仰臥位、トレーニング| 吉祥寺 肩こり専門

 
寝た姿勢での内臓引き上げトレーニング。
出たお腹の原因のひとつは腹部のインナーの
 
腹横筋がだらしなく弛緩して内臓下垂が
生じていること。
 
そこで寝た姿勢でお尻を床から浮かせた
ポーズで物理的に内臓を上に引き上げ
胸郭を広げる。
更にポーズをキープすることで腹腔を絞り
 
 
腹横筋、腹直筋、腹斜筋、脊柱起立筋の
コアまわりの筋肉すべてに刺激を入れる。
筋トレなので週2~3回の頻度で行うこと。
 
 

床に仰向けで両膝を立てる。

両手は肋骨の下に当てる。
お尻を床から引き上げ息を吸い胸郭広げる。
 
このポーズを自然呼吸で30秒キープ。
2~3セット行います。
 
 

同じ仰向け姿勢で両手を耳後ろ当てる。

最初に腹部を凹ませておき、
お尻を床から持ち上げると同時に頭を
床から引き上げる。
 
10秒キープで 2~3セット。
 
 

体幹後面を刺激。

仰向け姿勢になり両手は床につける。
お尻と足の爪先を床から引き上げ
 
腰に痛みが出ない範囲でできるだけ
上体を反らせて10秒キープ。 2~3セット。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂
 
 

タイトルとURLをコピーしました