今知りたい 予防接種①|吉祥寺

 
風疹(ふうしん)の流行りなどで
「予防接種」への関心度が高まっています。
 
 
しかし予防接種のことを理解している方は
少なくありません。
 
 
改正予防接種法により四月から定期接種に
追加ワクチンを含め予防接種の受け方や効果
副反応にご紹介します。
 
 
予防接種はBCG、麻疹や風疹、水ぼうそう、
インフルエンザをイメージしますが
 
 
その他では日本脳炎、Hib感染症、
DPT三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)
 
 
ポリオ(小児麻痺)、子宮頸がん(HPV感染症)、
肺炎球菌感染症(小児)などがあります。
 
 
予防接種はある特定の感染症に対しワクチンを
接種し人為的に抵抗力(免疫力)つけ
 
 
感染予防するというもの。個人の感染症予防
だけにとどまらず 社会での感染症流行防ぐ
意味でも重要な役割を果たします。
 
 
予防接種は防衛手段のひとつです。
感染してからワクチンを接種しても遅いこと
 
 
の方が多く接種から免疫が出来るまでは
一定期間が必要でその期間に感染する場合も
あります。
 
 
予防接種の受け方には定期接種と任意接種の
2種類があり定期接種は国がある年齢幅を設けて
 
 
予防接種を受けるよう努力してBCGやポリオ、
風疹・麻疹(はしか)です。
 
 
定期接種の種類、接種回数や標準的な
接種年齢を示しました。
 
 
・DPT三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)
ポリオ(小児麻痺)
回数 4回  第1期:生後3か月~生後90ヶ月 第2期:11才以上13才未満。
2回 (第2期は、ジフテリア・破傷風のみ)
 
・風疹・麻疹  1回  第1期:生後12ヶ月~24ヶ月。
1回  第2期:5才以上7才未満のうち就学前1年。
 
・日本脳炎   3回  第1期:生後6ヶ月~90ヶ月。
1回  第2期:9才以上13才未満。
 
・BCG(結核)    1回  生後1歳に達するまで。
・Hib感染症    4回  生後2ヶ月から60ヶ月。
・肺炎球菌感染症(小児) 4回  生後2ヶ月から60ヶ月。
・子宮頸がん(HPV感染症) 3回 小学6年から高校1年相当女子。
・インフルエンザ  毎年 ①65才以上の高齢者
 
②60才以上の慢性高度心・腎・呼吸器機能等不全者。
 
 
これらは感染力が強、予防接種以外の予防法が
ないため受けることが望ましいといえます。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました