今知りたい 予防接種②|吉祥寺

 
前回の続き、定期接種は国や自治体からの
補助があり多くは無料で受けられます。
 
 
任意接種は、その名の通り任意で受けるかどうか
決めるものでおたふくかぜ、水ぼうそう、
高齢者以外のインフルエンザなどがあります。
 
 
例外はあるものの、感染しても発病しないか、
発病しても比較的に軽くてすむことが多い。
 
 
予防接種受ける場合、自治体で補助の
場合もあるが基本的には全額自己負担に。
 
 
予防接種を受診後、副反応事もワクチンを
接種後、熱出たり腫れたり副反応おこる事も。
 
 
副反応がおこる事もあります。接種直後は
30分ほど安静にすることがベスト。
 
 
副反応と思われる症状が現れた時は、
あわれず接種を受けた医療機関 医師へ相談。
 
 
4月から定期接種に追加されたワクチン、
Hibワクチン、小児肺炎球菌ワクチンHib(ヒブ)とは
 
 
インフルエンザ菌b型のことでインフルエンザ菌
という名前ではありますが、冬場に流行する
インフルエンザウィルスとは異なります。
 
 
ワクチンデビューは2ヶ月からおすすめ。
接種費用は、定期接種化され今年から無料。
対象者は生後2ヶ月から60ヶ月(5才)まで。
 
 
6月から積極的な勧奨を差し控え、
子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)乳がんに
次いで多い子宮頸がん子宮頸がんは、
 
 
子宮の頸部にできるがんでワクチン接種と
検診により予防できるがんです。
 
 
原因ウィルスはHPVHPVは、麻疹(はしか)と異なり
一度感染しても、充分抗体が出来ず再感染します。
 
 
HPVワクチン接種により充分な抗体を作り将来の
子宮頸がんの発症予防。
 
 
ワクチン接種も子宮頸がん検診は受診。ワクチン効果の
継続期間は最低20年以上と推計されてます。
 
 
ワクチン接種で日本人女性に多いHPV16型と
HPV18型の感染は完全に妨げて、他の型の発がん性HPVに
感染で2年に1回、定期的に子宮頸がんを受ける
必要あります。
 
 
麻疹(はしか)社会全体で風疹の予防には妊娠の
希望女性妊娠のパートナーや家族はワクチン未接種率
が高いハイリスク群かかわらずワクチンを
 
 
受けておきたい。過去風疹ワクチンを受けてても
免疫ない場合5%程度あります。
 
 
女性は2回受けておく方が安心。妊娠中ワクチンは
うけられません。厚生労働省は風疹ワクチンが不足する
 
 
ことの懸念から任意接種として受ける予防接種は
妊娠希望者やその家族を優先するように。
 
 
成人の場合、任意接種にかかる費用は麻疹風疹混合ワクチンで
一回一万円程度だが医療機関によって幅があります。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました