僧帽筋(上部)|吉祥寺

 
 

症状

 
 
この筋肉が弱いと眼と耳に問題が起ります。
眼精疲労、結膜炎、眼のかすみ、耳の感染症、
難聴
 
 
特に500~2000ヘルツの低い周波数が、
聞こえないという問題が考えられます。
 
 

機能

 
 
僧帽筋(上部)は顎を傾けたり肩甲骨を引っ張る
動作をします。
 
 

関連する筋肉

 
眼の働きが悪くなっている場合は、
全筋肉のチェックをしてみる事が重要です。
 
 

神経リンパポイント

 
 
前面:第二と第三肋骨の間で正中線2~3cm左右離れた所。
耳の痛み特に上腕前面の筋肉の間の溝部分。
後面:第七頚椎(首の付け根)の高さで、
正中線から2~3cm左右離れた所。
 
 

神経血管ポイント

 
 
こめかみ(眼の端から2~3センチ外側)
 
 

僧帽筋(上部)を使う運動

 
 
レスリングの頭を床で行うブリッジ、
フットボールをパス バーベルを胸から
頭上へあげ、平泳ぎ腕動作。
 
 

栄養補給

 
 
肉の腎臓部分やビタミンAとBと不飽和脂肪が、
豊富な食べ物(緑葉野菜卵 全粒小麦 レバー)。
 
 
寝付けない、眠れないという場合は、
カルシウムが不足している場合あり。
 
 
骨、乳製品、卵黄、緑葉野菜豆類、ナッツ類、
いちご、レモン、オレンジを摂取します。
 
 
シュウ酸含むクランベリーやコーヒーチョコレート、
紫色の果物(ブルーベリー、ラズベリー、ブドウ類)
は避けて下さい)
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました