内転筋|吉祥寺

 

症状

 
 
この筋肉が弱まると骨盤が傾き、
肩こり併発 肘まで痛む事に。
 
 
乗馬時はとても重要です。
長時間馬に乗り内転勤の負担が続き、
内転筋が弱くなります。脚が曲がります。
 
 
(ガニ股)生殖器官の問題、
特にホルモンの機能の変化や閉経は
内転筋に影響を与える可能性も。
 
 

機能

 
 
内転筋は腿を内側保ち、腿を動かす動作や、
腿を内側へねじる動作をします。
 
 
神経リンパポイント
前面:
乳首辺り胸壁上の部分。
第四と第五肋骨の間と同じ高さ。
後面:
肩甲骨下の先端直ぐ下。
第八・第九肋骨の間と同じ高さ。
 
 
神経血管ポイント
側頭隆起(耳と頭頂の間 部分で大抵膨らむ)
とラムダ縫合部(後頭部の脇)
 
 
栄養補給
ビタミンE(小麦胚芽、グリーンピース、緑の葉野菜)。
 
 
内転筋を使う運動
スキー、スケート、裸馬に乗る、平泳ぎのかえる足。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました