喘息|吉祥寺

 
 

気管支喘息(きかんしぜんそく)

 
アレルギー反応や細菌・ウイルス感染、ハウスダスト
発端 気管支の炎症が慢性化し気道過敏性の
 
 
亢進可逆性の気道狭窄を起し、発作的喘鳴、
呼吸で空気の通り道の気管支狭く呼吸苦しく
なる事をいう。
 
 
アレルギー過剰反応は何に反応するか人による。
精神面 影響大。成人以後の中高年は高く発症。
激しい発作の場合は死(喘息死)に至る事も。
 
 
●喘息の原因 分類(喘息の病型)
1、アトピー型  (アレルギー型)
2、非アトピー型(非アレルギー型)
3、混合型(双方ともつかない場合)
 
 
●アトピー型(アレルギー型)
・家のほこり(ハウスダスト)
・ペット ダニ(犬 猫 動物の毛etc)
・花粉(スギ ブタクサ ヒノキetc)
・カビ、昆虫、食物(牛乳 そば 卵etc)
アトピー アレルギー発病
 
 
●非アトピー型(非アレルギー型)
・自律神経失調 ホルモンバランス 大気汚染 温度
・湿度など気候 飲酒 たばこetc。
 
 

風邪から喘息になる場合も。

 
 
・ウイルスが気管支に入り込み炎症を引き起こす事で
喘息を誘発します。
 
 
・十分な栄養を摂取する事。十分な睡眠を取る事。
不規則な生活を避ける事で未然に防ぐ事にも。
風邪が長引く場合 医師相談も早期発見に役立ちに。
 
 
●混合型(双方ともつかない場合)
・ストレスは喘息を発病する一因と考えられます。
・肉体的疲れ
・精神的疲れ(ストレス)も気管支の粘膜を弱性と
考えられウイルスなど炎症引き起こします。
 
 

整体で呼吸器に活力 胸骨の体操

 
 
両手、手のひらを組み上に向けます。
肋骨(胸椎3~5番)持ち上げ意識して腕を頭上へ。
手を組んだまま後頭部にあてる。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました