肩甲下筋|吉祥寺 肩こり専門

 
見たり触ったりする事が出来ません。
肩甲骨の下にある筋肉だからです。
 
 
肩甲骨が肋骨上をすべるように動かしたり、
肩の上に腕を上げた状態で
腕を回したり腕を身体に引き寄せたりする動作をします。
 
 

症状
肩甲下筋と関連症状は動悸・めまい・肩や胸の痛み
歯茎の出血。心臓は身体の血液循環を司ってるだけでなく
 
 
「経絡の流れ」に影響及ぼします。
心臓は筋肉で出来た器官で 他の筋肉と同じよう
 
 
外側の新経刺激を受け孤立し神経系統も備えている
ので自己調整を行って機能。
 
 

関連する筋肉
腹部の筋肉、大腿四頭筋、棘上筋、大腿筋
 
 
神経リンパポイント
前面: 第二と第三肋骨の間で、胸骨のそば。
後面: 第二と第三胸椎の間(T2~3)で正中線から
2~3センチ左右離れた所。
 
 
神経血管ポイント
前部の泉門(赤ちゃんの頭のてっぺんにある柔らかい部分)
 
 
肩甲下筋を使う運動
背泳の腕の動作、テニス、クロールの腕の動作、レスリング。
 
 
栄養補給
心臓の肉、カルシウム、ビタミンEとB(例:ビール酵母、
小麦胚芽、骨、乳製品、卵黄、緑の葉野菜、豆類
 
えんどう豆、ナッツ類、いちご、レモン、オレンジ)。
歯茎の出血場合そば、オレンジ(柑橘類)有効。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂  
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました