回旋筋腱板 (ローテーターカフ)|吉祥寺

 
ローテーターカフは
4つの筋肉の末端の腱により、
 
 
形成される板状の腱の事で
「回旋筋腱板」とも言います。
 
 
「肩甲下筋」「小円筋」「棘上筋」「棘下筋」
肩関節の補強 及び肩関節の円滑な 動作の補助
 
 
この回旋筋腱板は 腕の可動を繰り返すと
磨耗により炎症を生じます。
 
 
また加齢と共に老朽化し「四十肩」
「五十肩」の原因にも影響します。

 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました