大胸筋胸肋部|吉祥寺

 

症状

 
筋肉と関係している問題は緑内障、
眼球前面の斑点そして肝臓の状態。
 
 
腸管から食べ物を吸収し血液は必ず肝臓へ行き
解毒作用を受けます。肝臓は360の働きがあります。
 
 
たんぱく質と脂肪を分解し酵素を作り出しますが、
対外へ分泌する機能はありません。
 
 
損傷を受け部分的に切除されても自己再生する。
器官は人体に2、3あり その一つが肝臓です。
 
 
有害な煙、アルコール、腐敗して食べ物を
摂取する事で体内に入り込む毒素は肝臓で解毒。
 
 
肝臓の負担で起る長期の頭痛あれば、
大胸筋胸肋部に繰り返し働きかけると好転します。
 
 

機能

 
この筋肉は、腕を内側へ引き寄せ、腕を回し、
腕を身体の前へ出す動作します。
 
 

関連筋肉

三角筋(前部) 膝窩筋。神経リンパポイント
前面:身体右側の第五と第六肋骨の間に乳首から正中線まで。
 
後面:第五の第六胸椎の間の(T5-6)で、
正中線から2~3センチ右に離れた所。(1箇所)
 
 

神経血管ポイント

 
髪の生え際、中央から左右に約3センチの箇所。
 
 

栄養補給

 
レバー(肝)やビタミンA(緑の葉野菜 パセリ ピーマン)。
揚げもの 脂肪含む甘いもの アルコール飲料、炭酸飲料、
カフェインを避ける。
 
 

大胸筋胸肋部を使う運動

 
背泳、クロールの腕の動作、テニス、フットボールや
野球でボール投げ動作、槍投げ、棒高跳び、
砲丸投げ、円盤投げ、ボクシングのパンチ。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました