大腰筋(腸腰筋)|吉祥寺

 
鼡径部で腸骨筋と結合する大腰筋は
股関節の主要機能だけでなく
 
 
姿勢や臨床的な意味からも
身体の最も重要な筋肉の一つ。
 
 
人は直立歩行で股関節を曲げ、
脚を持ち上げるために
はるか大きな筋力が必要とされます。
 
 
腰筋は骨盤と腰部の相関的な位置に
重要な役割を果たします。
 
 
腰筋は腰椎に付着、腹腔を通り
鼡径部まで下り、腸腰筋と結合し
 
 
腸骨の前縁を通り斜め下後方向に走り
大腿骨の小転子に付着。
 
 
腰筋は腸骨の前縁を滑車として
利用し腸骨下後方の力を及ぼす。
 
 
こうして腰椎を前方に引っ張り、
腸骨の下前部で下後方に押圧する
 
 
ことにより腰筋は骨盤を前傾させ、
腰椎を前湾させます。
 
 
一般にこの姿勢傾向は大人まで
続き骨盤前傾の結果の一つに
 
 
腹腔内容の重量が前方に移動し
腹部がせり出すことがあります。
 
この傾斜で股関節が後方に押され
膝と足首を制御する筋肉に圧力
がかかります。
 
 
過大な腰椎前湾は、矯正を必要とします。
腸腰筋の重要性は間接的なものと
直接的なものがあります。
 
 
間接的には上記の姿勢に影響し
直接的には腰部、腹部、鼡径部及び
大腿上部に痛みを起こします。
 
 
腸腰筋の関連痛パターンは臓器が
含まれ腸腰筋の障害は痛みを伴うことも。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました