大腿部|吉祥寺

 
大腿部の施術に当たって大腿部の強靭な筋肉は
 
前面
(大腿四頭筋と縫工筋)、大腿部
 
後面
(ハムストリングス筋)外側(大腿筋膜張筋と腸脛靭帯)
及び内側(股関節内転筋)4つ基本グループに分類。
 
 
大腿部の痛みは骨盤内や上層筋や下腿が
原因で大腿部の筋自体が痛みの源である場合も。
 
 
大腿部の筋肉は主要機能が膝関節の運動や
固定で膝の痛みの主な原因となる筋です。
 
 
膝をコントロールと大腿直筋と股関節内転筋が
骨盤の位置に影響を及ぼす2点から
 
 
姿勢の維持にとって大腿部筋は非常に
重要であります。
 
 
大腿直筋は上前超骨棘(ASIS)に付着、
長内転筋、短内転筋、恥骨筋、
および薄筋は恥骨前面に付着。
 
 
このため筋肉はすべて骨盤の前方回旋に
寄与している。
 
 
ハムストリングス筋は坐骨結節に付着、
骨盤を引っ張り後方回旋させることが
できます。
 
 
大腿四頭筋とハムストリングス筋が
互いに拮抗筋という場合膝関節の屈曲と
 
 
伸展における反対の機能を念頭に浮かべ
2つの筋肉は骨盤の位置決めも拮抗筋。
 
 
大腿部筋群の相対的な緊張は
寛骨臼内にある大腿骨頭の位置も
 
 
決定しそれによって立位や歩行時の
大腿骨の位置や動きも決定します。
 
 
大腿四頭筋群は膝骸骨を取り囲む共通腱により
脛骨に付着 この筋肉は膝骸骨の位置を決定。
 
 
大腿四頭筋とハムストリングス筋は、
膝関節にかかるストレスの位置と
バランスを制御します。
 
 
大腿部の筋肉は歩行サイクルにおける、
腰と膝の位置と動きに影響
 
 
最初の検査で患者の歩きぶりを注意深く観察と
大腿部の筋肉に関する多く情報が得られます。
 
 
大腿四頭筋を脛骨に付着させ、
膝骸骨を取り囲む結合組織構造は
 
 
一般的に膝骸骨の上を膝がい腱、
膝骸骨の下を膝崖靭帯といいます。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました