疲れためない 習慣②|吉祥寺 肩こり専門

 
二回目の疲れをためない習慣をお伝えします。
疲れを取るためにする事は身体の声を聴く事が
大事です。
 
 
一定時間になったら体操でもいいのですが、
自律神経の働き方を考えれば、体操の前に
いくつかのステップを踏む事で効果的に休息できます。
 
 
血行を回復させ疲れ取るには、身体を動かすのが
一番で仕事で続け姿勢と逆の動きをする事。
 
 
例えばデスクワークの方は立ち上がりで腕を上げて
肩の筋肉を緩める事です。胸を広げる動作も大切です。
 
 
立ち仕事が多い方は座ったり、横の姿勢を取る事です。
主婦の方も猫背の姿勢ばかり続けず背筋を伸ばし、
胸を広げる動作する事をオススメします。
 
 

吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂  

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました