寝違え|吉祥寺

 
朝起きて首痛い、首まわせないなど
「寝違い」は突如起こります。
 
 
首が痛まぬよう支えたり温めたり
冷やしてみたりと工夫します。
 
 
寝違いは放って頭痛や温めた方が
良いのか?冷やした方がいいのか?
 
 
迷いますが初期段階は炎症を抑え
冷やす事が効果的といえます。
 
 
その後、痛み(炎症)が減ってきたら
温めます。
 
 
温めは身動きが取れないほどの
痛みは蒸しタオルでもいいです。
 
 
とにかく温めて血行良くすること
が大事となります。
 
 
肩こり堂で行う施術では直接患部は
触らずに施術します。
 
 
寝違えを起こす原因にはいくつか
ありますが内臓疲労もあります。
 
 
悪い寝相、暴飲暴食、慣れない枕など
暴飲暴食など深い眠りで寝返り打たず
 
 
固まった寝相で首に負担かかり翌朝
ダメージが首にでます。
 
 
あくまでも結果であり本当の原因では
ありません。今後、寝違いを起こさない
ためにも日常の予防策をお伝えします。
 
 
・うつ伏せ寝をしない。
・自分に合う枕を使う。
・適度な運動やストレッチ、ラジオ体操。
 
 
普段使ってない筋肉を動かす事で
筋肉を柔らかくし首の負担を防ぎます。
ぜひ毎日続けてみて下さい。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました