梨状筋|吉祥寺

 
 

症状

 
 
片一方弱いと仙骨がねじれ弱る方の、
足首が内側に向き、ひざ負担かかりひざが、
 
 
外側に反り(外反膝) 弱る側の足が外股に。
梨状筋は坐骨神経に隣接。
 
 
坐骨神経は身体の中で一番長くて大きい神経。
梨状筋の問題は、坐骨神経も影響を受ける場合。
 
 
脚上から下へ痛みが走り、脚の感覚の麻痺、
うずく痛み排尿時にほてる膀胱の問題が
生じている可能性があります。
 
 
機能
梨状筋は 姿勢特に仙骨の位置と関わる重要な筋肉。
腰を回す時に最も上に、椅子に腰掛け脚を開く動き。
 
 
関連する筋肉
ハムストリングス筋、中臀筋、内転筋
 
 
神経リンパポイント
前面:恥骨の上縁。
後面:腸骨の一番突き出た左右2ヵ所。
腰椎L5と同じ高さ。
 
 
神経血管ポイント 側頭隆起(耳と頭頂の間にある部分で、
大抵はふくらむ。)
栄養補給 ビタミンE(小麦胚芽、グリーンピース、緑の葉野菜)
梨状筋を使う運動 レスリング、サッカー。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました