横隔膜 柔らかく 疲れとる|吉祥寺

横隔膜を柔らかくして
身体の芯から疲れをとる。
 
 
息が通るのは鼻の穴だけではない
額(ひたい)、鼻の横、ほほ骨、
上あごに空間を鼻腔と言います。
 
 
鼻で吸った息はこの空間に広がる
意識で、緊張がやわらぎます。
 
 
鼻の奥の骨と横隔膜はつながってる
鼻の奥の蝶形骨は気道、食道など包む
膜を介して横隔膜につながっています。
 
 
蝶形骨は耳ともつなっがていて、
耳を刺激すると蝶形骨がゆるみ、
横隔膜がゆるみます。
 
 
神経の疲れは筋肉と違って
マッサージでは難しく
 
 
神経は目、鼻をゆるめることが重要で
目、耳、鼻、口が緊張すると横隔膜
が硬くなり息がしずらくなります。
 
 
蝶形骨は目も耳も口も鼻も全部と
つながっていて、目が緊張すると
キュッと硬くなり締まります。
 
 
蝶形骨と横隔膜は膜でつながって
(筋膜)首から上で起こった緊張が
 
 
蝶形骨を通じ横隔膜に伝わります。
目も耳も全部です。
 
 
目や耳や鼻をゆるめることを
呼吸が楽になることが身につけば
 
 
自己調整力も高まり、疲れにくい
体質になり、寝る前が効果的です。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました