疲れ目 眼精疲労 ②| 吉祥寺

 
 

5.目の疲れ 食事バランス 眼精疲労

 
 
【 ビタミンA 】
ビタミンAは大事な栄養素。
発ガン物質の侵入ガン予防効果も。
 
 
ビタミンAは 大きく2つ分けられる。
●ビタミンA(レチノール)と●カロテン類。
 
 
ビタミンAの働きはレチノールは動物性食品含み、
吸収率高く身体の中で直ぐ働く。カロテン類は
必要なタイミングでビタミンAに変換し働く。
 
 
夜盲症の予防 粘膜 正常保つ(風邪の感染症予防)。
美容効果。
子供成長促進。抗酸化作用(ガン予防始め病気予防)。
 
 
【 ビタミンB群 】
ビタミンB1:目の周辺の筋肉の疲れを和らげる。
ビタミンB2:目の粘膜の正常化。
 
 
ビタミンB6:水晶体の代謝と免疫機能UP。
ビタミンB12:視神経の機能を正常。
※ビタミンB群全体が相互に作用して働きUP。
 
 
ビタミンB群:ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6、
ビタミンB12 ナイアシン パントテン酸、
葉酸目から脳の神経伝達機能が良好。
 
 
ビタミンB群多く含む食材: 豆腐、ライ麦、ノリ、
うなぎ、レバー、サバ、牡蠣、牛乳、卵、納豆、
そば、シジミ、アボガド、ごま。
 
 
【 ビタミンC 】
白内障の予防に目の疲れや充血を防ぐ効果。
ビタミンC多く食材 : ビルベリー ほうれん草
小松菜 グレープフルーツ キーウィ ブロッコリー、
 
 
【DHA 】
網膜細胞 正常 視機能 改善助け。
近視の改善の結果有り。
 
研究結果ある
ドライアイ予防、視力改善。DHAは脳より目に含む。
 
DHA多い食材 :
マグロ カツオ ぶり さんま アジ
 
 
【 ルティン 】
水晶体や網膜の酸化・紫外線ダメージ防止。
目の老化原因の白内障予防。飛蚊症,黄班変性症予防。
 
 
リスク減らす実験結果:加齢黄斑変性、
白内障黄斑変性症を防ぐ効果。
ルティンは抗酸化作用、老化活性酸素を排除働き。
 
 
ルティン多く含む食材 : キャベツ、ケール、
レタス、ブロッコリー、ほうれん草。
 
 
【 アントシアニン 】
視覚情報伝え ロドプシンの再合成を促す働き。
夜間視力UPや眼精疲労回復。目の神経伝達効果。
 
 
アントシアニン多い食材 : 紫芋 しそ ナス
カシス、ブルーベリー、ブドウ、赤キャベツ、黒豆。
 
 
【 アスタキサンチン 】
実験結果
眼精疲労、疲れ目、重度の眼精疲労や
目の奥に来る疲れ目、アスタキサンチン効果的。
 
アスタキサンチン多い食材 :
サケ いくら カニ。
 
 
6.健康視生活はメガネ。目の疲れ大敵はメガネ。
度数合わないメガネつづけ老眼の方を放ると、
目の疲れ以外に頭痛や肩こりの全身症状に及ぶ事も。
 
 
定期的に眼科とメガネのメンテナンスが大事な
目を守る秘訣。目は一生使う大事なもの。
目の疲れ毎日健康な視生活を。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました