目、疲労は どこから| 吉祥寺 肩こり専門

 

眼精疲労を、ご存知ですか?

ganseihiro 
 
 

このようなご不安、ございませんか?

● ドライアイ
眼球表面が乾燥。目を酷使する方は眼精疲労。
PCや携帯使用時はドライアイの影響。

 
 
● 目の使いすぎ・環境
スマホやネットは、目に過酷な環境です。
眼精疲労で最も多いのは、目の使いすぎ。

 
 
● 緑内障・白内障・眼位異常など
緑内障の進行で視野障害や視力低下。一部、
緑内障は急な眼圧上昇で眼痛・頭痛の影響。

 
 
● 目の病気
近視・乱視・老眼など視力が悪い、
見えづらい、悪い姿勢、首筋や肩こり。

 
 
● 精神的ストレス
ストレスが高血圧・血行障害・胃潰瘍など
病気を引き起こす眼精疲労にも影響。

 
kondeishoningu

  • 目のかすみ。
  • 目の充血。
  • 目がショボつく。
  • めまい・肩こり。
  • 涙が出やすい。

 
 

どんなことするの?

 
当室は、再発防止を含めてトリガーポイントを的確に
捉えた筋肉、骨盤矯正で姿勢と痛みのない身体作りを
ご提供しております。

 
 
 

眼精疲労、注意すべきポイント

 
注意 1 全身により眼精疲労が起こる?!
    低/高血圧、糖尿病、バセドウ病、貧血、
    自律神経失調症、月経異常など病気で発生。

 
注意 2 眼に原因がある?!
    遠視、近視、乱視の屈折異常の原因が最も多い。
    斜視、結膜炎、角膜縁、ドライアイ、緑内障。

 
注意 3 精神的、環境的とは?!
    職場不適合、心身症、神経症精神的ストレス、
    紫外線、赤外線、照明光刺激、クーラー、
    シックハウス症候群。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂
 
 

タイトルとURLをコピーしました