肩 胸部 上背部|吉祥寺

 
肩、胸部、上背部の筋肉は身体上の部位が
近いだけでなく、主に胸部及び上背部の
 
 
筋肉の大部分が肩の制御に直接関わるか
大きく影響します。この領域で実際には
肩筋でない唯一の筋肉は肋骨筋と呼吸筋。
 
 

肩部

 
最も重要なことは肩は残りの骨格構造と
唯一の関節肩鎖関節で結合した点。
 
 
薄い結合以外に腕を含む肩構造全体は
軟部組織で支えられています。
 
 
配列で腕に著しい運動の自由が与え肩は
軟部組織を損傷の弱点が与えられます。
 
 
肩甲帯は肩甲骨と鎖骨が組み込む構造。
広い運動範囲は軟部組織で制限。
 
 
肩は大きな柔軟性とき弱性を合わせ
持っています。
 
 
・柔軟性-腕、肩を背部、胸部及び頸部に
結合軟部組織(筋肉、腱、筋膜)は動き可。
 
 
・き弱性-肩関節は脱臼や分離を起こし
やすくまた軟部組織を傷つけやすい。
 
 

肩部の構成要素

 
肩(腕を除く)は2つの骨で構成。
・前面は腕、肩を胸骨 柄で胸鎖関節で
残り骨格に結合する鎖骨 背面は肩甲骨。
 
 
・鎖骨は、鎖骨を下方の第一肋骨と
結合する独自の筋肉 鎖骨下筋。
 
 
鎖骨は肩甲骨入り組む複雑な骨、
肩甲骨は様々複数の伸張範囲を持つ。
 
 

肩甲骨

 
肩甲骨の甲は甲羅の意味。
肩甲骨は肩に一対、後方に肋骨を
覆う三角形状大型の骨。
 
 
その三角形の上の頂点を上角、
下にある頂点を下角。
 
 
横の頂点は肩峰、肩峰の近くで
肩甲骨は上腕骨の間で肩関節を作る。
 
 
以下6つの筋肉が肩甲骨を保持し様々な
方向に動かします。
 
1、小胸筋
2、大菱形筋
3、小菱形筋
4、肩甲挙筋
5、僧帽筋
6、前鋸筋

 
 
 
上腕骨は以下3つの強力な筋肉により動く。
 
●肩甲棘、肩峰、鎖骨及び上腕骨付着で、
肩関節構造上、前、後、及び外側面覆う三角筋
●胸郭前部を覆い 上腕骨に付着する大胸筋。
●腸骨稜から伸び背中の大部分を覆って、
上腕骨に付着する広背筋。
 
 

肋骨筋と呼吸筋

 
肋骨筋は内外肋間筋、前鋸筋、上下後鋸筋。
呼吸筋はマッサージ考慮し重要。
 
 
他の筋肉の補助も含め、呼吸で重要な筋肉は
横隔膜といえます。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました