肩こり退治|吉祥寺

 
身体の疲れ、痛みで消炎鎮痛剤を飲み、
身体に貼る方がいます。
 
 
こり、重み、痛み悪化させ、凝りは
ストレスで交感神経が優位
 
 
血行不良で血管の収縮が続き血流が
滞り疲労物質がたまり筋緊張が起きてきます。
 
 
交感神経が優位に筋緊張が起こり、回復を図る
ために副交感神経が優位になります。
副交感神経には血流を回復させる事で
 
 
①血管を拡張させる。
 
②痛みを起こす
 
③発熱させる

 
 
という3つの働きがあります。
 
 
肩がガチガチに凝り重い部分がその後、
痛む組織を疲労回復、身体が起す回復反射。
 
 
頭痛も最初は頭の筋肉が強く、緊張、
頭が重い状態、その後 気を休め
副交感神経が優位に痛む。
 
 
プロスタグランジンで血管が拡張、
血液が押し寄せズキンズキン拍動性の痛み。
腰痛の方も同じ。
 
 
長時間同じ姿勢でパソコンに向かって
作業してると最初は腰が重たく感じるはずです。
 
 
これは筋緊張を緩和し疲労物質を
洗い流すための血流回復反射起こるからです。
 
 
温めるか軽い運動で血行を促す。
同じ姿勢から解放する、させる事が大事。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました