脛骨筋|吉祥寺

 
この足の筋肉は、足先を外へ向け上へ向ける動作。
後脛骨筋は 足先を下向きで内股の動きと関わります。
 
 
弱る時よりむしろ、こむらがえりがおこることで
知られています。足首を固定させる役割で、
爪先立ち、や足先を内へ向ける動作を補助します。
 
 
症状
この筋肉は、左右両方弱くなる場合の方が多く。
この筋肉が弱くなる場合、直腸に亀裂が生じる(直腸る)
 
 
問題 尿道や膀胱の問題が関わります。
この筋肉が弱く「扁平足」で土踏まず
低下の場合は専門医に見てもらって下さい。
 
 
関連する筋肉 脊柱起立筋、脛骨筋、大腰筋
神経リンパポイント
前面: 恥骨の上縁と内縁の2ヶ所。
後面: 第二腰椎(L2)の上縁の高さで正中線から
2~3センチ左右に離れた所。
 
 

神経血管ポイント おでこの出っ張り部(額の両側の、
眉毛と髪の生え際との中間)
 
 
脛骨筋を使う運動 スケート、スキー、ランニング、
ジャンプ、かえる跳び。
 
 
栄養補給
ビタミンEを含む食べ物(グリーンピース、緑の葉野菜、小麦胚芽)が
いいでしょう。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました