腓腹筋|吉祥寺

 

【症状】

 
この筋肉が弱いと膝が伸びきる
(身体が膝の後へ引っ張られる)
爪先立ちが出来なくなる。
 
 
膝曲げるなど出来ない場合が。
アレルギー、喘息、低血糖症、疲労、倦怠感、
 
 
感情ストレス、軽いショック状態は筋肉を
調べる事が重要です。
 
 

【機能】

 
このふくらはぎの筋肉はひらめ筋、と一緒に機能し
ふくらはぎと足先を曲げる動作をします。
 
 

【関連する筋肉】

 
ひらめ筋、縫工筋、薄筋、大胸筋鎖骨部、
首の筋肉、広背筋、内転筋上腕三頭筋。
 
 

【神経リンパポイント】

 
前面:へそよりも6~7センチ上で、
更に正中線から2~3センチ左右に離れた所。
 
後面:第十と第十一胸椎(T10~11)の間と、
第十一と第十二胸椎の間(T11~12)の
 
正中線から2~3センチ左右に離れた所、
一番下にある肋骨と同じ高さ。
 
 

【神経血管ポイント】

 
後部の泉門 赤ちゃんの頭の後ろにある柔らかい部分。
 
 

【栄養補給】

 
ビタミンC(柑橘類、ピーマンなど) たばこに
対するアレルギーが見つかる場合があります。
 
 

【腓腹筋を使うスポーツ】

 
短距離走のクイックスタート、水泳、
バスケットボール、フットボール、スケート、
スキー、ジャンプ全般。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました