腰痛 水中歩行|吉祥寺

女性は妊娠中、お腹を前に出し
反り返った姿勢で腰痛に悩まされます。
 
 
腰痛を防ぐ妊婦水泳の効用も
ありますが効用は妊娠中に限りません。
 
 
欧米は多くの病院にプールが併設、腰痛や様々な
症状・病気治療に広く利用。
 
 
腰痛予防で泳げない方は水の中を歩くだけでも
いいのです。
 
 
私達の腰は立ってるだけで100kg 仰向け寝そべった
姿勢で25kgの圧力加わります。
 
 
水の中は、浮力で身体が無重力に近い状態で
腰は圧力から解放されます。
 
 
水中は陸地に比べ5~8倍もの抵抗があります。
水中で歩けば、関節を痛める事なく腰回りの
筋肉を鍛えられます。
 
 
水中歩行で鍛え上げられた筋肉は
自然のコルセットとなり腰を圧力から守り、
腰痛改善につながります。
 
 

先ず第一段階は

 
乳の辺りまで水につかり、
25mプールをゆっくり往復。
 
 
肘を左右に振りながら歩けば、
腰をひねる運動効果が高まります。
 
 
歩く時の呼吸法は前に進む時に鼻から吐き、
次の動作に移る瞬間に口から吸います。
 
 

第二段階は

 
右手を肩の上から背中に回し、
右手を下から左手で掴み歩きます。
 
 
背中で手を組めない場合、両手を組んだつもりで
背中に回した姿勢で歩きます。
 
 
今度は左手を上から回し、下から右手で
掴み歩きます。肩の関節を柔らかく使い、
 
 
腰で第一段階の姿勢より腰回りの筋肉を
鍛える効果があります。同じく25mプールで
 
 
往復して第一段階より少し早く歩く
よう心がけます。
 
 

第三段階は

 
時間を測り、50mプールを
フルスピードで歩きます。
 
 
一日に50mを何回歩くか、また何分で歩くかは
自分のペースで結構です。
 
 
そのつど時間を測り、少しずつタイムを
縮めるよう目標を持ち続けます。
 
 
水中歩行や水中で壁をけり飛び出し、
プールサイドにつかまり平泳ぎのキックも
腰痛改善効果の高い運動です。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました