腰痛 予防対策|吉祥寺

 

腰痛予防

 
 
ポイント① 不自然な姿勢を出来るだけなくす。
腰に負担かかる動作は持ち上げる、引く、押す、
曲げる、ひねる等。
 
 
急激な動作で椎間板や筋肉など、損傷させて
腰痛を発生、急激な動作は避けます。
持ち上げる動作は、腹圧かけ腰椎の負担は小さい。
 
 
前屈・中腰は → 膝をつく。ひねる、ねじる →
正面を向く作業。
 
 
ポイント② 机や椅子、作業台等
の高さや配置等を調整する。一般的に作業台の適切な
高さは肘が90度になる高さ。
 
 
椅子の適切な高さ 足裏全体が床の高さ。
机上に書類作業スペースが極端に狭い事も
不自然な姿勢を招き腰痛リスク。
 
 
ポイント③ 体を支える。立つ時も
座る時も腰の力を分散させる工夫で負担を軽減。
 
 
①椅子に座った時に足裏全体を床につける。
②背もたれや肘掛を使う。
③立っている時に手すりや

 
 
壁に寄りかかり力分散させ体支える事がポイント。
くしゃみは壁や机に手つき負担小さくなります。
 
 
ポイント④ 同じ姿勢を
長時間続けず。休暇や小休止で姿勢を変える。
 
 
海外はオフィス作業で一定時間立ち作業に変え
各自で高さ変える机を採用もあるといいます。
 
 
立ち作業は座面の高い椅子を用意し休憩を取り
腰掛作業の選択が望ましく休憩時ストレッチ
体操行う事も推奨されてます。
 
 
①  キャスターない椅子に片足のせて
太もも(大腿前面)とお尻(臀部)ストレッチ。


② 両手机にのせふくらはぎ交互伸ばすストレッチ。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました