腹斜筋| 吉祥寺 肩こり専門

腹斜筋
一見目立たない筋肉だが、立つ、座る、歩くという
動作に欠かせない抗重量筋に属している。腹腔内の
臓器を支えるという補助的な役割も担っている。

 
腹直筋と同様、猫背姿勢を長時間続けることによる
血行不良、また脚を組む左右アンバランスな姿勢で
 
どちらかの腹斜筋の血流が滞ることで
トリガーポイントとなる。

 
呼吸をすると痛みが増す、咳をした拍子に痛みが
生じる肋間神経痛のような痛みが表れる事も。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂
 
 

タイトルとURLをコピーしました