腰方形筋| 吉祥寺 肩こり専門

腰方形筋
腰椎を安定させる腰方形筋の機能が低下すると猫背気味に。
トリガーポイントによる痛み改善の重要部位でもある。

直接脊柱周辺を刺激する部位ではないので、腰椎ヘルニアや
すべり症といった特異性腰痛の痛み軽減にも役立つ。

また、この周辺は横隔膜にくっついているので硬くなると横隔膜が
下に引っ張られて呼吸が浅くなることも。

対になる逆の腰方形筋は鍛えにくい部位なのでマッサージとストレッチで対抗する。
呼吸が浅く寝苦しいなどの自覚症状がある方は特に入念にケアを。

椅子に座り、背筋を伸ばして右手を真っ直ぐ上方に。
左手は座面の縁に。椅子からお尻が上がらないように上体を左に傾ける。
5~10秒×10回。左に痛みがある場合は逆を。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂
 
 

タイトルとURLをコピーしました