腰部脊柱管狭窄症|吉祥寺

 

腰部脊柱管狭窄症とは?

 
加齢 腰が変形し軟骨の突出で脊柱管内の神経、
血管の圧迫腰痛 足シビレ 痛み だるさ病気。
 
 
腰部脊柱管狭窄症と診断されたら・・
こんな治療を行います。
 
 
薬物療法、理学療法、ブロック療法の保存療法。
改善されない場合 手術にも。
 
 
薬物療法
非ステロイド性鎮痛薬、プロスタグランジンE1製剤、
筋弛緩薬、ビタミンB12製剤、理学療法、
ブロック療法 手術
 
 
理学療法
血流改善の温熱療法・電気療法・牽引療法・コルセット
などの装具療法などがあります。
 
 
ブロック療法
圧迫されてる神経の周りに局所麻酔薬や、
ステロイド薬を注射、痛み伝達を遮断し炎症の抑え。
 
 
手術
神経の圧迫を除去する手術などがあります。
注意点 腰の負担で日常生活に充分注意。
 
 
重いもの持つ事や重労働はさける。
腰を冷やず。
 
 
長時間 身体そらす姿勢とらない。体重を減らす。
寝る時は横向きで丸く寝ると良い。
 
 
かかとの高い履物は控える。
歩行は少し前かがみで。
 
 
長い距離の歩行は途中に休憩。
仰向けで足を交互に抱え腰の後ろ関節や
筋膜を伸ばす。腹筋・腰背筋を鍛える。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました