腸骨筋|吉祥寺

 
股の関節を曲げたり、骨盤を前方に傾けます。
 
 
症状
この筋肉が弱いと回盲弁(大腸と小腸の間の)に
問題を示唆する可能性。
 
 
この弁は通常 充分消化されない食べ物が大腸に
流れ込むのを防ぎ 逆に腸内細菌が小腸に逆流を防ぐ。
 
 
この筋肉が弱ると大腸の腸内細菌が小腸に
逆流し小腸が汚染されるがまま症状を同時に併発。
 
 
吐き気、急に腰が痛む、肩の痛み、頭痛、
急にのど渇く、眼の下のクマ 顔面が蒼白など。
 
 
ポイントの働きは機能を正常化の助けで、
腸骨筋が回復 正常な反応に変わる助けに。
 
 
神経リンパポイント
前面:
両肩の前面の2ヶ所と、腸骨の前面にある
頂点の上の方で内側の2ヶ所。
 
後面:
第十二胸椎と第一腰椎(T12-L1)の間で、
正中線から2~3センチ左右に離れた所。
 
神経血管ポイント 側頭隆起(耳と頭頂の間にある
部分で、大抵はふくらんでいます。)
 
 
腸骨筋を使う運動
ランニング、ハードル、フットボールやサッカーで
ボールを蹴る動作。
 
 
栄養補給
油性又は水溶性のクロレラ(栄養補給補助食品)と
(ヨーグルト)酸味ある乳製品。
 
 
生の食べ物 特にパパイヤの酵素を多く含む
果物や生の野菜を避けて下さい。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました