膝窩筋|吉祥寺

 

症状

 
 
膝痛む時は大抵、膝窩筋弱い事と関係。
膝伸びきる(膝が身体の後ろ引っ張る)
 
事に膝曲げる事が出来なく曲げて痛む。
胆のう問題や黄疸、帯状疱疹(ヘルペス)
 
片頭痛、便秘、脂肪、食後の眠気時は、
膝窩筋が弱い場合も。
 
下の3つの首の骨が「固まる」つく事が、
原因で膝窩筋が弱る場合も。
 
首を緩やかエクササイズ助けに鎖骨と
胸骨が出会う所のツボに触れ筋肉の
状態が変更なしで
 
カイロプラクティック矯正 必要の場合も。
 

機能

 
 
足先を内股で膝を曲げる動作。
関連筋肉は、大腿四頭筋、三角筋前部、
大胸筋胸肋部。
 

神経リンパポイント

 
 
前面:身体の右側、第五と第六肋骨の間に
乳首から正中線まで
後面:第五と第六胸椎の間(T5-6)で、
正中線2~3センチ右に離れた所。(1箇所)
 

神経血管ポイント

 
 
第一:膝の真裏と膝窩筋の付着点と同時触れ。
第二:膝の真裏と膝窩筋の起始部に同時触れ。
 

栄養補給

 
 
ビタミンAを(緑黄色野菜や黄色野菜 レバー)。
脂肪と甘いもの 揚げもの避け。
腓腹筋使う運動スケート スキー ランニング。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました