骨に効く食べ物|吉祥寺

大豆を食べる。
 
カルシウムは骨の形成はもちろん、
必要量が血液中に存在して様々な
生命活動に携わります。
 
 
この量は多くても少なくてもダメで
それをコントロールするのが
マグネシウムの役目です。
 
 
マグネシウムを意識して食事することが
骨をはじめ全身の健康につながります。
 
 
骨はカルシウムのイメージが強くて
骨の健康維持に大切な栄養素でも
ありますが、それよりも必要なのが
 
 
マグネシウムです。
マグネシウムが足りない状態では
カルシウムが骨に蓄積せず骨が弱く、
 
 
骨から溶け出したカルシウムが血液中に
あふれ全身の健康問題を招きます。
 
 
これらはカルシウムばかりが多く、
マグネシウムは含まれず、体内で
カルシウムが悪玉となってしまいます。
 
 
その反対に大豆製品はマグネシウムを
豊富に含みつつ、カルシウムの摂取源が
優れてカルシウムが体内で働いてくれます。
 
 
豆腐や納豆にはカルシウムとマグネシウム
の含有バランスが理想的な大豆製品です。
毎日穫り入れれば健康な骨の維持も可能に。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました